Living National Treasure 重要無形文化財保持者(人間国宝)

Isoi Joshin 磯井 如真

Isoi Joshin

磯井 如真

(1883年~1964年)

1956年、重要無形文化財蒟醬保持者に認定。香川郡宮脇村(現・高松市亀阜町)生まれ。
香川漆芸の祖と言われる玉楮象谷の作品研究を通じて、点の大小、粗密によって濃淡を付け、奥行きと立体感を表現する「点彫り蒟醬」の技法を創案。美術工芸の研究会を結成するなどし、香川漆芸の水準向上に尽力したほか、香川県立工芸学校、岡山大学、香川県漆芸研究所で後進の指導にあたった。1961年紫綬褒章を受章。

Otomaru Kodo 音丸 耕堂

Otomaru Kodo

音丸 耕堂

(1898年~1997年)

1955年、重要無形文化財彫漆保持者に認定。高松市南亀井町生まれ。
石井磬堂の内弟子となり木彫を学び、1914年頃に独立して玉楮象谷の漆芸作品を独学で研究。1932年に第13回帝展に初入選後、入選を繰り返し、1942年の第5回新文展で「彫漆月之花手箱」が特選を受賞。朱、黒、黄、緑、褐色の5色に限られていた漆に、新素材のレーキ顔料を取り入れ、難しい中間色や鮮明な色漆を駆使した作品を制作。色彩の表現領域を格段に広げた。

Isoi Masami 磯井 正美

Isoi Masami

磯井 正美

(1926年~)

1985年、重要無形文化財蒟醬保持者に認定。高松市西浜新町生まれ。
父・如真に師事して漆芸技術を学ぶ。ベニヤ板を貼り重ね成形した素地「積層」、角剣による点彫りを応用した「往復彫り」等、独自の技法を創案し蒟醬の表現領域を広げた。
1968年から香川県漆芸研究所講師として後進の指導にも尽力している。
1986年紫綬褒章、1998年勲四等旭日小綬章を受章。

Ota Hitoshi 太田 儔

Ota Hitoshi

太田 儔

(1931年~2019年)

1994年、重要無形文化財蒟醬保持者に認定。岡山県岡山市生まれ。
岡山大学教授であった磯井如真の内弟子となって漆芸を学ぶ。
木型に竹網代を密着させて編み込み、漆で固めた後、木型を抜き取る方法により形成する「籃胎素地」や、縦、横、斜めに線彫りし、色漆を埋め込み、研ぎ出すことによって微細かつ複雑な色面構成を可能にする「布目彫り蒟醬」を創案した。自ら編み出した手法と、伝統的な蒟醬による線彫り法を組み合わせることにより、蒟醬の絵画的な表現領域を広げた。

Yamashita Yoshito 山下 義人

Yamashita Yoshito

山下 義人

(1951年~)

2013年、重要無形文化財蒟醬保持者に認定。高松市生まれ。
香川県立高松工芸高校卒業後、磯井正美に師事。1976年から蒔絵の人間国宝・田口義国のもとで学ぶ。1989年、第36回日本伝統工芸展で「蒟醬色紙箱 遥か」が朝日新聞社賞を受賞。金刀比羅宮の「桜樹木地蒔絵」の復元監修を行う。水紋、月、星、虹など身近な自然をモチーフにした、新鮮な意匠と濃密な構成が魅力。蒟醬と蒔絵を併用した作品も多い。